読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【コ】ボトムアップは思わぬことが起こる(試合を終えて②)

試合当日

開会式から一回戦その後の試合を通して、府予選は監督と審判が兼ねているので、監督が席に着くまでに試合が始まることがある。

今まではそれがどうしても納得いかなかったが、ボトムアップを導入するに当たって監督不在で試合が始まることがあるから、それも含めて自分たちだけで【試合が出来るようにしよう!】が一つのテーマであった。


しかしよくよく考えたらコレまでは監督が(私が)プレッシャーを与えていたことが多くあったはず!

それも踏まえてこの日の私のテーマは【笑顔】だった。
試合中に応援に来て頂いた応援席をみる余裕もこの日はあった。

試合は思っている以上に素晴らしい試合が多かった。ココは素直に選手への信頼がありていなかった。本当に謝りたいm(_ _)m

あんなに動けるものなのか?
あんなに楽しそうに試合出来るものなのか?
私も含めて試合中に笑顔…

人間変われるものである。
やろうと思えばかなりなんでも出来る!

男子の2回戦はシード校と代表戦に…

剣道は5つの試合が終わって全て同スコアで並んだ場合、任意の代表による代表戦を行う。

生徒主体で取り組んでいる我々は当然生徒達で選ばせる。
ココで送り出す他の選手達の顔がイイ!
悲壮な顔や引きつった顔は全く無い!!

残念ながら、最終的にそこで敗れてしまったが打たれるのは何時ものところ。それは仕方が無い。

沢山の応援をしていただき、惜しかったなぁとも行って頂いた。
観客席も盛り上がり、確かな手応えを感じていた。

女子は遠慮無くシード権を獲得して、ブロック大会に駒を進めることが出来た。
次は男女出場だ!!
f:id:MJ1:20140614175254j:plain

勝ち残れなかったのは監督の責任!

ボトムアップの責任では無い。いろんなご意見もあろうかと思うが、今後も生徒主体で頑張りたい。

選手も私自身もスッキリとした顔で大会を終えられたのは初めてなのかもしれない。

気負わないと言うのがイイのだと思う。

これが全てなのだと思う。
監督の思いを押し付けて試合させたく無い。これからは…。

やって見ないとわからない、沢山の発見が出来た大会になった。この日は忘れられない。

我々はコレからもっと×2強くなる!
本当に楽しみだ!

ワクワクしながら毎日を頑張り、いずれ頂点へ…

楽しみで仕方ない*\(^o^)/*
頑張る(^^)v

© 2016 #MJ1blog, ALL RIGHTS RESERVED.