130719 クールビズって必要なのか?

ネクタイを締めるのは嫌いではないが、あまりにも暑すぎる!

我が社もクールビズを奨励している。

が…本日はネクタイ着用、7月上旬の行事の際もネクタイ。

保護者対応もネクタイ…

『きっちりしなくてはならない時はネクタイ着用で』

 という言葉に違和感を感じる私へそ曲がり!

そもそもクールビズとは…

ウィキペディアではいかのように記してある。

夏期の軽装化キャンペーンやそれに沿った軽装のことで、その実施期間は環境省の想定では6月1日から同年の9月30日まで、となっている。ただし、2011年には東京電力福島第一原子力発電所での事故等の影響による電力不足も考慮して、政界・官公庁や一部の上場企業によって5月1日より実施された。

 

続きを読むと政治家の間でも意見は様々でもめる事もしばしばあったみたいだ。

 

先日、tumblrでクールビズについて気になる記事を発見! 

出処はTwitterだったので貼り付けておく

 

 

政治家通しでもめるのもウチが中途半端な施行になるのもこのつぶやきと似ている場面がいつもあるのであろう…

決めた政策に対して、持たれる印象のために真逆の行動をする事に私は違和感を感じる…。

しかし、印象とは怖いものだ!いつもコレに踊らされているし、もしかすると私自身もこの印象だけで判断してしまっているかもしれない。

大切なのはネクタイを締めるからきちんとしているということではなく、別の部分だと思う。

ネクタイしている方が頑張っているように見えると言う決めつけに踊らされない人間になりたい!

冬にはこんな思いしなくてもいいのだがf^_^;

 

© 2016 #MJ1blog, ALL RIGHTS RESERVED.