短気な自分に負けたくはない…

何でもない一言がいつまでも腹が立つ時がたまにある…

まさに昨日そんな場面に出くわす…
本当になんでもない一言だったのだが、別れ際に発言されるその『ボソっと』発するその感じがとてつもなく苛立ちを助長する。


私自身がそんな場面では、かなり短気な男になり、しかもいつまででも忘れられない。
何とも小さい男だw


昔は、腹が立ったらその瞬間爆発していたが、今は少しだけ我慢ができるようになった。その瞬間にひと呼吸おく、【間(ま)】の取り方に工夫ができるようになったからではないかと分析している。

自分を変えただけでは解決できない


しかし、自分が我慢しているばかりではなかなかシンドイわけなので【相手方のコト】心境も理解をしよう!と考えて少しググってみた。


Yahoo!知恵袋や教えてgoo!などの質問系の掲示板がたくさんヒットした。
結構みんな腹立てているんだなぁと…


イロイロと読んだが、私がなるほどなぁと思ったのは、次のブログ。

ぷらっと立ち寄る心理学、カウンセリング道の駅:一言多い人は

何か 会話をしっていて つい一言を付け加える人は
以外と多い。

商談の最後に これで決まるというのに ついつい
一言言って ご破算になる。
会話で 相手が求めて以上の情報を言って
逆に 相手が困惑するとか?

これは 相手に「嘘」を言いたくないから。
会話のベクトルは 相手よりも自分自身に向いています。

最後の、『会話のベクトルは 相手よりも自分自身に向いています。』と言うところ。
ここに少し救われた気がする。
全員がそうだと当てはまるわけではないが、知っておけばいちいち腹を立てる意味がなくなってくる。

どんな場面でも対応できる自分でありたい!


臨機応変に対応できるようになるのが一番だが、腹を立てないように工夫するのも大切。

残り少ないが、穏やかな2月を送りたいモノである。

f:id:MJ1:20130220110832j:plain

© 2016 #MJ1blog, ALL RIGHTS RESERVED.