読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い人は本を書いても面白い…

活字が好きになったのは人より遅かった。
と偉そうに言っても本屋か通学途中のコンビニでの立ち読みがメイン。

高校生~大学生時代は金なんか持ってない!図書館と本屋を同じように考えていた。しかし、最近は本屋もグレードアップしてきてソファが置いてあったり、隣のコーヒーショップに持込自由なんてところも出ている。
今のスタイルの本屋が私の学生時代にあったなら入り浸っていることは間違いない。


話がそれたが、そんな活字が好きになり始めた学生時代によく読んだ雑誌の中に【POPEYE】や【HOTDOG PRESS】というのがあった。
特にHOT~の方は今考えるとふざけた内容で、【もてない男がもてるために必死になっている】等とよく言われていた。(北◯謙◯なんて当時読んでも無茶苦茶書いているなぁと思っていたww)
そんな雑誌でも割と気になる部分があって読んでいたのがたまに登場する【高城剛】
雑誌の雰囲気をそのまま体現しているような怪しいおっさんだった記憶がある。


髭面に変な麦わら帽子をかぶっていろんなグッズを紹介している。
なんてこと無いコーナーだったがかなり気に入っていた。(もうすでに高校生くらいからガジェット好きだったんだねワタクシ…)
いつくらいか忘れたが、高城氏の持っている携帯電話が個性的だったのを覚えている。パラボラアンテナみたいのをくっつけたZaurus(SHARPのPDA)みたいな携帯…(画像を探したが見つからない残念)
これがもう私の好みにぴったりで…それからは高城剛の紹介する変わったものの虜。

活字が好きというより人が持っていないものが好きっていう話に変わってきているがそこは気にしないw
そんな高城剛氏の本で面白いものを見つけたので購入

LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】

LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】

これがまぁ面白い。現在、スペインのイビサ島を中心に世界中を飛び回っているそうだが、たくさんあった荷物を99%処分して残ったもの(厳選されたもの)を紹介している。もちろん私物を写真に載せて。

1日  3日  1週間 1ヶ月 3ヶ月 1年

という風に旅の期間によってこれを持って出る!というふうに紹介されていて、なんだか旅に出たくなる。
あるものすべてが私の好みではないが、興味が有ることは変わりない。その持ち物一つ一つにエピソードがあるそれを読むのも楽しくてあっという間に読み終わる。



中でも気になったものを手に入れてみようかと思い近所のスーパーへ
しかし田舎のスーパーにそんなものがあるはずもなく結局amazonで注文。

注文したのはこれ

毛穴撫子 重曹つるつる石鹸 155g

毛穴撫子 重曹つるつる石鹸 155g

高城氏曰く、とんでもない匂いに自分はこんなに臭いのかと思って知人に使ってもらったところ同じ感想を持ったそう。
となると試したくなったので購入。1年中鼻が詰まっている私でもそんな感想を持つのだろうか?

しかし、商品のレビューを見ると予想していたほど臭くなかったとか、大げさに言いすぎだ!と否定的なレビューもあった…

と言うかそのレビューすべてがこの本を読んでこの石鹸を購入している人ばかり。
高城剛の宣伝効果恐るべしwww

久しぶりに楽しい本と出会えたので、この石鹸も楽しいことを祈るばかり(到着はあすの予定www)

© 2016 #MJ1blog, ALL RIGHTS RESERVED.